ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 私の東大受験レポート > 文類:文科一類 試験当日のおすすめ勉強内容

私の東大受験レポート文類
試験当日のおすすめ勉強内容

S.S さん
文科一類 入学
千葉県 渋谷教育学園幕張高校 出身
2015年 河合塾 津田沼校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

東大二次試験1日目

東大二次試験1日目のスケジュール

  • 1日のスケジュール試験
  • 1日のスケジュール自習
  • 1日のスケジュール睡眠
1日のスケジュール

会場に着くまで

受験票や筆記用具など、忘れ物がないように、前日のうちにかばんを準備しておきました。

朝は親に朝食を作ってもらい、弁当を持って出ました。家を出る前に改めてかばんに受験票や筆記用具が入っていることを確認しました。

電車の中では、古典単語や漢文の句形を覚えていましたが、満員電車に乗っていたこともあり、あまり集中して勉強できませんでした。また、乗り換えで利用した渋谷駅の混雑がまったく読めておらず、予定よりも乗り換えに時間がかかってしまいました。時間に余裕があったのでよかったのですが、ギリギリをめざしていたら遅刻していたかもしれません。

当日の服装で迷う人もいるかもしれませんが、受験の際は制服を着ていった方がよいと高校の先生に言われたこともあり、僕は制服で受験しました。

会場に着いてから試験中・試験の合間

会場についてからは、苦手な部分を中心に見直しをしていました。国語については古文単語と漢文の句形、数学については確率の公式を中心に見直しました。
最初、そんなに親しくない高校の同級生が近くの席だったため、少し動揺しました。しかし、あまり話しかけてこなかったので、集中して勉強することができました。

解答用紙が配られると、試験終了30分前までまったく動けないので、余った時間には深呼吸や目を閉じるなど緊張や疲れを取るよう工夫していました。

試験中の休憩時間は、誰とも話さず、1人で弁当を食べて数学に向けて勉強をしました。

試験終了後

初日は最後に退出する教室だったので、かなり待たされました。その間、勉強もできずやることもなかったので寝ていたと思います。

帰りの電車内では、2日目に備えて英単語をやりました。
帰宅後は、なにも勉強しないのは不安だったので、テレビを観ながら単語帳や今までの論述を見直し、疲れていたのと翌日があるので早めに寝ました。

東大二次試験1日目のアドバイス

まず、荷物は前日のうちに準備しておきましょう。特に、センター試験の受験票は忘れがちだと思うので、必ず入れたことを確認しましょう。当日の出発前にも忘れずに確認すると、安心して試験会場に行けます。
場所で迷ったり忘れ物をして家に戻ったりするかもしれないので、受付開始時間に着くように経路を調べておくと落ち着いて行動できます。

直前の勉強は、単語帳や過去問のノートなど即時性のあるものにするとよいと思います。僕は電車に乗っている時間が長かったこともあり、単語帳が特に役に立ちました。
また、試験の内容を友達と話しあうと自信を失ってしまう可能性があるので、なるべく1人でいた方がよいと思います。

試験が終わった後は、2日目も朝早いので、勉強はほどほどにして早めに寝ましょう。1日目の夜の勉強におすすめなのは、英単語と苦手な分野の確認です。抜け漏れを少なくしておくと安心できますし、点数も上がりやすいです。

東大二次試験2日目

東大二次試験2日目のスケジュール

  • 1日のスケジュール試験
  • 1日のスケジュール自習
  • 1日のスケジュール睡眠
1日のスケジュール

会場に着いてから試験中・試験の合間

1日目と違い、会場の雰囲気に慣れたのであまり緊張はしませんでした。また、グリーンチューター(河合塾の進学アドバイザー)が試験会場に来てくれ、話したことで落ち着くことができました。

休憩時間は、歴史の教科書を読んだり、英単語帳をやったりしました。

地歴の試験では、ミシン目から自分の解答科目を切り離す必要があるので、深呼吸をして緊張を和らげてから切りました。今まで出題されないと言われていた戦後史が出たときは少し焦りましたが、自分の持っている知識を総動員して解きました。
英語も、少し長めの要約が出ましたが、落ち着いて解くようにしました。

試験終了後

この日は一番早く退出できたので、まっすぐ帰宅しました。
前日に私立大の合格発表があったこともあり、帰り道でその話をしている人がいて嫌になりました。実際、自分で見てみると不合格だったので落ち込みました。

帰宅後は勉強から解放されて、テレビを観たり寝たりしました。ただし不合格だった場合に備え、受験終了後も英語の勉強は少しずつやるようにしていて、当日も帰りの電車の中では英語のニュースを聞いていました。

東大二次試験2日目のアドバイス

1日目のミスを引っ張らないようにしましょう。少し失敗しても、2日目で全然挽回できます。

また、周りから聞こえてくる話に惑わされないようにしましょう。「基本的にはウソを言っている」くらいに思った方が楽です。チューターが激励に来てくれる場合は、早めに行って話をすると気持ちが楽になります。僕は、それで緊張が解けた気がしました。
2日目も空き時間が多いですが、おすすめの勉強は、「苦手分野の勉強」と「英単語」です。

受験が終わった後は、今まで頑張った自分をほめてあげましょう。僕は私立大の結果が出なかったこともあり、自分をほめるどころか責めていました。それで周りに多大な心配をかけたうえ、卒業後の楽しみがクラス旅行ぐらいしかないという状態だったので、皆さんは自分をほめてあげてほしいと思います。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 私の東大受験レポート > 文類:文科一類 試験当日のおすすめ勉強内容
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.