ここから本文です。

HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文類:文科三類 東大対策模試の受け方と復習のコツ

模試の復習法文類
東大対策模試の受け方と復習のコツ

今回は東大入試オープンの受け方や復習法についてお話しします。
僕自身、東大対策模試は最も気合を入れていた模試であり、周囲の受験生も同じでした。実際それだけの価値があり、気合を入れなくてはならない模試だと思います。

模試の受け方

東大対策模試は東大と同じ試験時間、問題形式であるだけでなく、内容も東大対策のプロの方々の努力のもとで完成していますから、本気で向き合うべきだと思います。

僕は模試の受け方として、「テーマを決めて受ける」ということをおすすめします。
テーマとは、たとえば「英語の問題をこの順番で解く」、「数学で解ける問題を確実に解き切る」、「地歴の問題をこの順番で解く」、「時間配分を試す」などです。
本番に向け、こうした試行錯誤は重要だと思います。

特に英語は、「時間配分を試す」というテーマがおすすめです。
東大英語の試験時間は120分もあり、個人で時間を計ってやるにはかなり厳しいものがあります。リスニングの準備などを考えると120分に収まらないですし、それ以前に120分間も集中が持たない場合もあります。となると、模試やテストゼミのように、集団で時間を計って行なうものは積極的に利用した方がよいでしょう。

テーマを決める際、注意してほしいのは「何点を取る」「どれくらいの偏差値を取る」という目標設定で満足しない、ということです。
点数も偏差値も現時点での所在地でしかなく、しかもまだ勉学が不完全な段階である以上、それらは問題によって大きく変動します。このような目標設定はモチベーションにつながりますが、それだけでしかないとも言えます。

模試の復習法

模試の復習についてですが、苦手な部分を潰していくことが復習の一番の目的だと思います。そこで僕は解き直しは行なわず、できなかった問題をジャンル分けして把握し、そのジャンルを苦手だと捉えて勉強する方法にしました。

具体的には、世界史だと「どの時代の問題か」「どの地域を訊いているのか」「どの問題形式なのか」の3つのジャンルで分類しました。

日本史は時代別に大問のI〜IVに分かれているので、まず何についてわからないのかピンポイントに考え、それを大きな流れのなかで捉えようとしました。
たとえば近代の企業勃興がわからないときは、まずそれについて勉強し、経済や政治のなかでの位置づけまで考えました。

このように、どの程度までやればよいかは科目ごとに自分で考えなくてはならないですが、必ずしも解き直しが必要な訳ではなく、解けなかった部分を勉強して吸収することが重要だと思います。

模試の結果の捉え方

悪い結果は大きな収穫となる

結果が悪かったときは、受け入れがたくはありますが、一方で点が取れてない分野から自分の弱点に気づくことができます。これは大きな収穫です。
同じ問題が本番で出ることはないでしょうが、同じ分野は出てもおかしくありません。ですから、それを克服するチャンスが得られたというのは、受験において大きなアドバンテージとなることでしょう。

良い結果は偶然と考える

逆に良かったときは、結果を本番に持っていきたい程嬉しかったりしますが、ぜひとも「これは偶々だ」と自分に言い聞かせてください。

確かに、良い判定は努力の結果です。努力しない人には絶対取れません。
しかし、わかっていた分野が偶々出題された、ということもあります。たとえば僕は、2018年の8月に2回東大対策模試を受け、A判定とD判定でした。実施した予備校は別とはいえ、同じ時期に受験しても問題との相性だけでこれだけ変わります。

入試本番も同じで、「偶々わかる分野が出て受かった」人は大勢います。
しかし、「偶々わからない分野が出て落ちた」では困りますよね。相性が悪い問題が出ても合格できるように、模試では苦手な問題に当たった方が良かったりするのです。

模試は模試でしかありません。結果が良くても悪くても、そこから少しでも多くを得て、気を引き締めて頑張ってください。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース
大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース
第1回 東大入試オープン
東大受験生必須の東大対策模試!(第1回)
第2回 東大入試オープン
東大受験生必須の東大対策模試!(第2回)

模試で見つけた弱点を克服しよう!模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の東大対策授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > 模試の復習法 > 文類:文科三類 東大対策模試の受け方と復習のコツ
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.