ここから本文です。

HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > 二次試験 文類:文科二類 落ち着いて解くための時間配分

どう解く? 時間配分二次試験(文類)
落ち着いて解くための時間配分

T.S さん
文科二類 入学
東京都 攻玉社高校 出身
2018年度 河合塾 本郷校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース

総合戦略

全体の目標点
280点/440点

ポイント

私は、東京大学の二次試験を攻略するうえで最も大事なことが、この「時間配分」だと考えています。うまく時間配分できなければ、苦手なタイプの問題に時間をかけてしまい、得意で点を稼げる問題に時間を割けなくなる可能性があるからです。
ゆえに皆さんには、ただ二次試験用の知識や解き方を身につけるだけでなく、それを効率よく発揮する時間配分も早いうちからじっくり考えておいてほしいと思います。

また、どの教科についても、不測の事態に備えて時間配分のスペアを用意しておくことをおすすめします。
2018年度入試の英語リスニングでいきなり選択肢が5つになったように、試験は変化していきます。また、思うように解けず時間を食い、焦ったり苛立ったりすることもあります。
そんなときのために、違う時間配分のパターンを持っておいてください。そうすれば、どんな変化にも対応し落ち着いて取り組めるでしょう。

目標点については、私は浪人してから、「合格点スレスレではなく平均点をぶっちぎるつもりで挑もう」と決めていたので、このような目標点数設定になりました。

国語

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

全体の目標点
65点/120点

ポイント

私としては、正直に言って国語は最後まで得体が知れない感じが強く、対策も難しい教科でした。ゆえに、「せめて古文・漢文は確実に点を取っていこう、あとは現代文で要素をできるだけ外さないように心がけよう」というのを基本方針にしました。このような考え方をしている人は多いのではないかと思います。ですので解く順番は、「古典→現代文」になりました。

また、解く時間に関しては、古典に30分ずつ、第四問に40分、残り時間で第一問としていました。古文と漢文はどちらが先でもよいと思いますが、深入りしすぎて現代文に回す時間が足りなくならないようにしてください。

数学

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

全体の目標点
60点/80点

ポイント

私は受験科目の中で数学が一番得意で、さらに近年の数学は易化傾向にあるので、ここでしっかり点を取りたいと考えていました。具体的には、60点は死守、あわよくば70点超えを狙っていました。

私の場合は、まず試験開始と同時に全問題をさっと見て、得意そうな問題、苦手そうな問題を見分けます。次に解けそうな問題から順に取り掛かっていくのですが、まず10分悩み、道筋が立たなかったら次に行き、解けそうなら25分を目安に粘る、を方針としました。

特に、難しそうでも粘れば光が見えそうだったり、部分点は取れそうだと感じたりする問題はきっとありますから、そのような問題はしっかり25分かけるべきです。私は、入試本番では確実に取れると感じた大問1・2・4を優先的に仕上げました。

英語

タイムスケジュール


※試験時間・出題内容は受験時のものです。

全体の目標点
70点/120点

ポイント

もともと英語が得意でなかった私は、わざわざページを行ったり来たりする時間が惜しかったので、そのまま1(A)から順番に解いていくようにしていました。2(A)が終わったタイミングでリスニングの下読みの時間に7分使い、音声が流れるまで時間があるようなら4(A)で細々と時間を埋めました。
リスニングの時間はもう少し短くてもよかったかもしれませんが、万が一選択肢がさらに増えるという不測の事態があったときに備えてこうしました。

私は、英語は少しの判断ミスが遅れにつながり命取りになると考えていましたので、最初の総合戦略で述べたように解く順番のパターンのスペアを用意し、落ち着いて取り組めるようにしていましたが、それでもうまく英作文の内容が発想できなかったり、読解が理解できなかったりと多少苦しんだ部分もありました。
英語に関しては思い通りにいかないものと思って、気持ちを楽に臨んだほうがよいかもしれません。

大学受験科(高卒生対象)
再スタ-トする高卒生を東京大学"合格”へと導く河合塾のコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“東大現役合格”へと導く河合塾のコース

理類の先輩の記事を読む理類の先輩の記事を読む

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 受験対策 > どう解く? 時間配分 > 二次試験 文類:文科二類 落ち着いて解くための時間配分
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.