ここから本文です。

HOME > 大学情報 > 東大女子の生活ってどんな感じ? > 第4回 農学部 2年生 Dさん

東大女子の生活ってどんな感じ?
第4回 Dさん(農学部 2年生)

農学部 2年生 Dさん

東大女子というと、どんなイメージがあるでしょうか。真面目? 地味? 勉強漬け?
実際の東大女子がどのような生活を送っているのか、今回は、Dさんの一週間の生活を取り上げて紹介します。

月曜日

月曜日

週初めから1限に授業があるので、Dさんは朝早くから支度をして学校に向かいます。この日は4限まで授業が詰まっており、昼休みの余裕もないため、たいてい購買でご飯を買って教室で昼食を済ませます。

4限が終わると、自宅近くの食べ物屋さんのアルバイトに向かいます。お店のクローズまで働いてから帰宅、そして就寝です。

Dさんは食品販売のアルバイトをしていますが、東大生は飲食店やコンビニなどでアルバイトをしている人が意外と多いです。
そういったアルバイトはシフトの融通が利きやすく、さまざまな人と同じ場で働けるのでおもしろいのだそうです。

火曜日

火曜日
空手

火曜日は1コマしか授業がありませんが、平日は6時起床が習慣になっているDさんは、朝から身支度をして、前日の授業の復習などをしていました。昼食を家で済ませて登校し、弥生キャンパスで授業を受けたら、その足でサークル活動のために駒場キャンパスへ向けて電車で移動します。

電車を乗り継ぎ、駒場キャンパスについた後は、図書館で勉強したり、友達と会って話したりしてから、空手サークルの練習に向かいました。

Dさんの所属する空手サークルは東大生限定の学内サークルで、男女比が1:1と、とても女子が多いそうです。特に理系だと女子の友達ができにくいので、サークルが貴重な女子友達との交流の場になっています。

先輩、後輩、同期ともみんな仲良く、サークル以外の場でも遊びに行ったり、いろいろなことを相談しあったりする友達がたくさんできました。

Dさんは大学から空手を始めましたが、どんどん魅力に引き込まれ、上達に向けて週2,3回の練習に欠かさず参加しているそうです。運動部ではないサークルですが、毎回監督が指導に来られるきっちりとした団体で、練習のときは引き締まった雰囲気で鍛錬します。

2時間ほど練習をした後は、帰宅して自宅で夕飯を食べますが、日によっては練習後にみんなでご飯を食べに行くこともあるようです。

水曜日

水曜日

水曜日は2限から授業があり、昼食は購買か学食で済ませます。2限後は家庭教師のアルバイトが2時間あります。Dさんは家の近所の子に週一回教えています。

東大生のアルバイトというと、家庭教師や塾講師というイメージがあるかと思いますが、Dさんの周りでは、家庭教師をしている人はそんなに多くありません。しかし、どんな生徒を持つかは運と縁次第ではありますが、時給の面からはやはりおすすめできるアルバイトだとDさんは言います。

木曜日

木曜日

この日は午前中で授業が終わるので、学科の友達とキャンパスの近くにご飯を食べに行きます。学科に進むと、駒場に通っていたときとは違う友達が学科でたくさんできます。
進路の希望や興味を持っている分野が似ているので、話がよく合って何時間でも話してしまうのだとか。

夜は、サークルの自主練があり、Dさんも大会前などは参加します。そうでないときは、友達とご飯に行ったり、家でゆっくりしたりしています。

金曜日

金曜日
アフタヌーンティー

金曜日は午前中で授業が終わった後、火曜日と同様に駒場に向かいました。
この日はサークルまでの空き時間に、友達とカフェに行ってアフタヌーンティーをしました。駒場は渋谷に近いので、おしゃれなお店がたくさんあり、巡るのが楽しいようです。

また、金曜日は翌日休みなので、サークルの練習後に、アフターに行くことが多いそうです。

土曜日

土曜日

土曜日は、朝に部屋の片付けなどをし、午前中の間に勉強をします。
午後はアルバイトの時間まで家でゆっくりして、夕方からアルバイトに入ることが多いです。

日曜日

日曜日

日曜日はアルバイトがないので、基本的に自由に過ごします。課題などの状況によっては勉強をし、時間のあるときは買い物に行ったり、友達と会ってご飯を食べたりします。

大学のサークルやクラス、学科の友達と会うこともありますが、Dさんは高校の友達とも定期的に集まっています。近況を話したり、高校の思い出話をしたり、学校が離れてしまっても、高校の友達はなんでも言い合える大切な存在だと実感します。

Dさんからのメッセージ

こうして一週間を通して見ると、東大生といっても特別変わっているわけではなく、普通の大学生だということが分かるのではないでしょうか。
必要な学業は怠れませんが、そのほかにもサークルやバイト、遊びの時間をきちんととり、どれも楽しんでいる人ばかりです。

東大は女子率が低いので、東大志望の女子は同性の友達ができるか不安に思う人もいるかもしれません。しかし、1年生のときに科類と言語で振り分けられるクラスでは、毎日の授業のほか学園祭なども一緒に過ごすので、必ず女子の友達ができます。

ほかにもサークルなどで女子と知り合えますし、どこでも女子が少数のことが多いので、たいてい女子同士で固まって絆が深まりやすいです。

※この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HOME > 大学情報 > 東大女子の生活ってどんな感じ? > 第4回 農学部 2年生 Dさん
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution. All rights reserved.